2018年3月27日火曜日

メスの下半身にあるスキマを指先でゆるく刺激して
滴る蜜でびしょ濡れにする卑猥なテクニックを公開...

日本人男性の9割はモテません。

女性達の求めている本当に強い男は
ほんの一握りの存在だからです。

 
しかし広く世間を見渡せば
女性達から興味と敬愛の入り混じった
熱い視線を総取りしている男性が存在する事に気付きます。
 
顔立ちが美形という訳でもない。
煌びやかな上等のスーツに身を包んでる訳でもない。
 
しかし何故か女性達を
磁石の様にグイグイ惹きつける
フェロモンを醸し出しているオス。
 
そういった「男の敵」とも言える男性が
正真正銘、存在しているのです。
 
彼らは何者?
 
その答えをハッキリと明確に
所持している人は多くありません。
 
ただ1つ。確実に言えるのは
女性達は生物学上、強い男に惹かれる宿命だという事。

 
子孫繁栄の為には優秀なDNAを後世に残さねばなりません。
 
彼女達が強いオスを求めるのは
原始時代から遺伝子に彫り込まれたメスの実情なのです。
 
それでは女性が求めている強い男とは
一体どういう存在なのでしょうか?
 
その答えは、本能が鍵を握ってます。
 
既にあなたもご存知の通り
本能の働きは私達男性の生存に直接的に関わる支柱。
 
だからこそ本能には脅威的な強靭さがあるのです。
 
場合によっては人殺しにさえ及んでしまう強い本能の働き。
これを思考の力で制御出来る男が「強いオス」なのです。


逆に言えば弱いオスと言うのは
悪魔的存在である本能に脳ミソを鷲掴みにされて
ラジコンさながら指示通りの行動をしている男を指すのです。

そう。

本能の言いなりになっている彼らはロクデナシの負け犬なのです。
 
具体例を挙げましょう。
 
私達男性には特有の本能による働きがあります。
 
薄ピンク色の小さな唇をした女子高生集団が目に入ったら
下半身の欲求を
モリモリと掻き立てられ肉感的接触を試みる。
 
通り道で身長2m超の巨漢が目の前を塞いだら

圧迫感を感じて逃げ腰になり、電柱の影に身を潜めたり。
 
嫌な事があったら言い訳を並べ立て他人の所為にする。

 
このように、男性達の姿を
客観的に眺めてみると本能の言いなりになって
自堕落な意思決定をしてる場面が目立つます。
 
前述した通り、
この本能の働きをコントロール出来る様になる事が
強いオスに成る事に繋がってきます。
 
先程の例で言えば、
 
美女を目の前にしても、自分自身を律してキープ。
恐怖にすくみあがるのでは無く、勇気を持って立ち向かう。
逃げ出したい心境に駆られても、責任を持って事にあたる。
 
この様に本能の逆とも言える対応が
あなたの男性的魅力を倍増するのです。

 
パッと見では冴えないけど、何故か女性達に迫られる男。
 
(少なくとも部分的には)彼らは強いオスなのでしょうね。


0 件のコメント:

コメントを投稿