2018年6月20日水曜日

摩天楼から都心のビル群を見下ろす新生活に
あなたを無料ご招待します

派遣社員って人生詰んでます。
 
彼らは人事担当者に親指と人差し指とで
首ねっこ摘まれて秤に乗せられ、値付けされます。
 
一山いくらの価値で企業体に投入される人材。
 
時給自体は大方1000円超。
 
給与面だけ見れば悪条件ではありませんので
世間知らずの若い年代の男女から見れば好都合なのでしょう。
 
しかし……。
 
彼らは使い捨てカイロの様に
一時的に機能する役割しか求められていません。
 
 
グローバリゼーションや機械化が侵食している現代社会。
 
多くの企業体には
人を雇い入れて丁寧に育て上げる余裕は見られません。
 
その為、会社側は雇う段階で
教養やスキルを保有している人材を
優遇する傾向がますます強化されている模様です。
 
いや、そういった即戦力でさえ企業に敬遠されている現実があるのです。
会社側は固定費として給料を払い続ける事を負担に感じているからです。

 
そこで重用されているのが派遣社員、という訳なのです。
 
いつでも人手を補充できる。
 
使えなければデリヘルの様にチェンジ可能。
 
費用のかかる面倒な社会保障もゼロ。
 
派遣会社を間に一枚噛ませている分、
割高ですがそれでも使い勝手は良いのです。
 
 
……そんな中、一番割りを食ってるのは派遣社員なのです。
 
雇用面で不安的な状態で働き、仕事も雑務がメイン。
技術も獲得できないので先々の見通しは明るくありませんからね。
 
かと言って、正社員として働ける程の実力も所有していない。
 
現実的に考えると、高度資格やスキルも無い
手ぶらの状態で価値を見出してくれる企業は多く有りません。
 
取り柄のない負け組は低賃金で身売りするしか選択肢がないのです。
 
傾斜のキツイ坂をよじ登ろうとして、
地面へ真っ逆さまに転落するゼッケン番号をつけた挑戦者。
 
それが現代の奴隷「ハケン」なのです。
 
その内彼らは、縞模様の服を着た受刑者の様に
番号で呼ばれる日も来るかもしれませんね。
 
 
私が彼らの人生は詰んでいると言っている理由はこれです。
 
 
「自身の価値を高めていないから」
 
 
この一言に尽きます。
 
この競争社会の中では
知識に投資したりスキル磨きが重要になってきます。
 
誰もが自分自身の実力を高める事で世の中に対して
 
 
「私は価値ある人間です」
 
 
この声明を打ち出して、自ら居場所を確保する必要があるのです。
 
堂々と毅然とした態度で胸を張って
自分自身の価値をハッキリと明示する事が求められているのです。
 
もはや低品質の人材は一山いくらの存在なのですから。
 
その様な状態でただ日銭を稼ぎ、4畳半の安アパートに帰宅した後
発泡酒のロング缶を空けて大の字に寝転んでいる様では進化できません。
 
つまりいつまで経っても、
底なし沼の様な自堕落な生活から抜け出せないのです。

 
 
もちろん彼ら派遣社員には一人ひとり固有の事情があるでしょう。
 
貧困家庭で生まれ育ち、
パンの耳をかじって栄養補給をしていた時期があるかもしれません。
 
小学校に通う際、
ゴミ捨て場で拾ってきた痛みの激しい黒いランドセルを背負って登校。
 
それが話題となりクラスでもイジメの格好の的となる。
 
授業中は悪ガキ男子に
テスト用紙を丸めた玉を頭めがけて投げつけられ
それを見ていた女子達がクスクスと笑いをこらえる。
 
そんな彼は友達の数もゼロ。
 
放課後はヨレヨレの白いTシャツを着て、ボサボサ頭のまま
公園内の色が剥げたブランコで1人揺られていた思い出もあるのでしょう。
 
また、それを見た近隣住民の教育ママ達からヒソヒソ陰口を叩かれたり。
 
もしかすると日陰者である彼ら派遣社員達は
その様な暗い過去を背負って生きている存在なのかも知れませんね。
 
 
……他方、太陽の光の下で顔を上げた向日葵の様に
両親から愛情をたっぷり受けて育った子供は話が違います。
 
着ている物や口にしている物からして貧富の差が見て取れます。
 
高給取りの両親からミキハウスのブランド服を買い与えられ、
食べる物も高級スーパーで手に入れた添加物ゼロの食品ばかり。
 
食事の際は美容室の様に
席に着くとお手伝いの老婆が胸の前にエプロンを付けてくれます。
 
教育面でも大企業に勤めるエリートの両親から
高度な普遍的知識を継承される形で受け継ぐ事になります。
 
小学校に進学するとその気品ある態度や高級感、
冴え渡る思考力で一躍クラスの中心人物となり
休み時間にはいつも周囲に人だかりが出来るようになるのです。
 
そして、そんな彼女にホの字の男子が気を引こうとして
いじめられっ子の頭に丸めたテスト用紙を投げつけます。
 
その姿を見て、媚びる様に笑う取り巻きの女子達。
 
自然とその様な構図が出来上がるのです。
 
お金持ちのご子息は
常日頃から周囲の羨望の眼差しを受けて育つので、
自然と自信と誇りを身につける事も可能となります。
 
その自信が、素晴らしい出会いや機会を呼び込むのです。
 
 
……この両者の間に
地割れ後の大地の様な格差が生じるのは必然でしょう。

 
しかし社会はその様な個々人の事情は考慮致しません。
 
 
あくまで実力、実績、結果至上主義。
 
 
今までの会社の形態では
ある意味温かい家族の様な雰囲気の中、仕事に打ち込めたかも知れません。
 
しかしこれからの日本のビジネス現場では、
グローバル化や機械化の進行などの要因が重なり競争が激化していきます。
 
そんな中、企業が求めるのは実用的な保障された能力に他なりません。
 
 
分かり易い実績、高度資格、ビジネスへの理解力……。
 
 
その様な、現場で優れた働きが出来る人材を
招き入れたいのが会社側の本音なのです。
 
しかもその傾斜は、時代の変化と共に年々90度に近づいています。
 
そんな現代日本でスキル皆無、キャリアゼロの派遣社員は
値札の付いた使い捨ての駒そのものと言っても過言ではありません。
 
自分自身の値打ちを上げる具体的な方策を採用せず、
漫然と目の前の仕事に取り組んでいては
会社にとって使いづらくなった時にゴミ置き場に打ち捨てられる運命です。
 
派遣社員として工場へ自転車で通い、
作業中は上司の目を盗んでサボっている様では未来は明るくありません。
 
 
考えるのです。将来を考えねばなりません。
 
 
現実的に考えてこれから3年後、或いは5年後。
将来の見通しを良くするためには知識が必要です。
 
仙人が山の頂上から下界を見下ろす様に
高い視座から状況を把握できる様になる事が大事なのです。
 
……そうは言ってもそれは容易ではない事も分かっています。
 
時間さえ許せば、その様な俯瞰的視点は
哲学書を読む事で身につける事ができるしょう。
 
しかし今、手っ取り早く高い視点を手に入れるには
既に俯瞰を身につけている人の話に耳を傾けると良いのです。
 
 
その答えは現代の仙人が握っています。
 
現代の仙人とは投資家の事です。
 
彼ら投資家は全体像と先行きを把握するプロフェッショナルなのです。
 
 
一度彼らの話を聞けば分かるのですが、
私達一般ピープルとは見ている視界の広さが桁違い。
 
地平線の果てまで見通すその瞳に映し出されている世界観は
きっとあなたの人生に貢献してくれるはずです。
 
その話を作業用BGM代わりに聞き流すだけで
あなたの思考力が自然と高まり物事を捉える視野が拡張される事でしょう。
 
頭の良い人の話には、聞き手の頭を良くする効果もあるのです。
 
……下記リンクの先には
投資家の中でも選りすぐりのエリートである
東大出のIQ200投資家(MENSA会員)の貴重な話がタダで公開されています。

 
今すぐあなたの右手の人差し指でリンクをクリックして
無料音声をダウンロードしてください。
 
今日という日を境にあなたの人生観は塗り変わるでしょう。

http://mindset.jp/30free/